2004年09月16日

効率的な習慣術

前々から読もうと思っていて先延ばしにしていた本がありました。

頭がいい人の習慣術―この行動・思考パターンを知れば、あなたは変わる!
小泉 十三

河出書房新社
2003-05-23
売り上げランキング 18,750
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続編も発売されています。

実はこの本、発売当初に電車で読んでいる人が多く、かなりの部分を盗み見していました。
しかし、買ってみて、やっぱり新しい発見個所は多数ありました。
内容的は、効率的な習慣に関して、著名人の様々な言葉を著者がまとめたって感じです。
ここで登場する著名人とは、野口悠紀雄氏や立花隆氏などの親しみある人ばかり。


内容の一部を紹介すると・・・

・どんな小さな事でも優先順位をつける。
・「気になること」を片っ端からノートに書く。
・やる気が起きなくてもとりあえず始めてみる。
・大きな仕事にもパニックにならず分解して、小さな仕事集合体としてクリアする。
・不確実なことほど先に決める。
・一度ノッたら後先を考えずにとことんノリ続ける。
・問題点や答えを書き出して整理しながら考える。
・超一流を目指さず、二流のマルチを目指す。
・成功者のマネをすることに抵抗を覚えない。
・本をノート代わりにする。
・本を何冊も併読する。

などなど・・・
線を引きながら読みたい本です。

続編も近いうちに読もうと思いました。

posted by albert at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

神田昌典さんの本

本屋で何度も目にしていたけど、手に取ろうとしなかったのが、神田昌典さんの本でした。

本の表紙からして超派手だし、いかにもベストセラー狙ってるって感じの軽い題名も馴染めませんでした。
大変失礼ながら、買うのが恥ずかしいとすら思っていました。(神田さん、スイマセン!)

ところがどっこい、すごく面白いではないですか!!

最初に読んだのは・・・

お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
神田 昌典

フォレスト出版
2004-07-17
売り上げランキング 1,706
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


下巻もいいけど、特に上巻が良かった!
英語の大切さもわかったし、その学習のための方法論もわかったけど、そんな事より何よりも夢を確実につかむための王道が書かれていたんだと思います。

自分の言葉でまとめてしまうと「目標を明確にしてそのための最短距離を走る!」ってことだと思うんですが、この「目標を明確に!」って作業が僕は案外できていないことが多かったと思います。

「具体的」で「計測可能」で「自分が納得」していて「現実的」で「期日が限定」されている目標!
これがとっても大事なんですね・・・納得しました。

非常にわかりやすい文章なのでどんどん入り込んでしまいました。

彼の著書をもっと読みたくなりました。そこで・・・

60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法
神田 昌典

ダイヤモンド社
2002-12-07
売り上げランキング 3,746
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも一気に読んで、今日読み終わりました。

この本は、企業戦略を構築する上でのバイブル的な本になりそうです。

よくある企業戦略本を現代風にアレンジして、かつ神田さんの経験に基づいた様々な工夫がされています。

@商品 
A顧客 
B競合 
C収益シミュレーション 
Dタイミング 
Eメッセージ
 
以上6つのステップを解説構成になっています。
それぞれステップにおいて確認チャートがついています。
これは、とても機能的です。使えそうです!

最初は偏見だらけで立ち読みすらしないでいた「神田シリーズ」ですが、内容がしっかりしているから売れているんですねぇ。
ベストセラーもドンドン読んでみよう!
posted by albert at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

手帳で夢をかなえる!

さ〜て、第一稿です!なんて「はじまり」を意識すると駄目ですね、全く書き込みが出来ません。
読み手を意識して、どうしても格好をつけてしまおうとするのです。
イケナイですね。これでは・・・

そこで、この悪い習慣を打破するために、文章の構成なんて意識せずに「唐突に」はじめます。
その方がきっといい!うん、そうに違いない!

これから、いつも「唐突に始めて、唐突に終わる」を常とします!

今回は、最近、最高に影響を受けた本の紹介です・・・

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿

かんき出版
2004-03-24
売り上げランキング 193
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とっても読み応えのある本です。この本の影響で僕はバイブルサイズの手帳を買いました。

著者の熊谷さん(GMO代表取締役)はファイロファクス社製を推薦していましたが、僕のは違うメーカーです。理由は特にありません。
耐久性その他考えると、確かにファイロファクス社製が良さそうですね。
この本で書かれている手帳の使い方は、ほぼ全て納得してしまいました。

・夢を手帳に書いて肌身離さずそれを持っていることが重要!
・夢に期限を与え、そこに至るための中期・短期目標を算出する。
・上記から得られた目標が短期になるほど具体的な内容に落とし込んでいく。


等々・・・著者自身の実体験に基づいて書かれているので、とても読みやすく、そして説得力があります。
忙しい中、かなり魂を込めて書かれた一冊ではないでしょうか。

熊谷さんって、IT関連企業経営者の持つイメージとは少しかけ離れた魅力を持っていると思います。
うまく説明できませんが、「質実剛健」って感じです。

ちなみに、クマガイコムはこちらです!
ここにも、手帳のことが少し書かれています。
posted by albert at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

まずは、発信スタート!

発掘した情報、知識、考え方などを、どこかの誰かに届けます。
だから日記ではありません。
見知らぬ相手を意識して役に立ちそうなことを著すつもりです。
それを見た誰かから、何らかの反応が得られたらうれしいなぁ・・・
posted by albert at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

プロフィール

【名前】もちづき まこと

【性別】男

【職務】マーケティングディレクター


都内の小さな広告代理店に勤務している30代です!



【タイトル名について…】

子供のころに強く憧れた人がいました。

アルバート・アインシュタインです!
(ドイツ語読みではアルベルト・アインシュタイン)

当サイトのタイトル名は、この「アルバート」からとりました。

「既成概念にとらわれることなく、常に新しい課題に取り組み、探究心をもって生活していこう!」という考え方のことを
「アルバートStyle」と勝手に命名してみました。
なぜならば、それが彼のスタイルだったからです。
(ついでに、ボクのニックネームも「アルバート」にしてしまいました。)

サイトのテーマは「科学」ではなく「ビジネス情報」です。
しかし、根底にはそんな考え方を持ちつつ運営していきたいと思います。


アルバート・アインシュタインに興味を持ち始めたのはボクが中学生の頃です。

そのころ、「相対性理論の世界(ブルーバックス)」という本を読んで、
とてもワクワクしたのを覚えています。

この「相対性理論」というものは、子供ながらに科学理論の最高峰というイメージをもっていました。
難しいことに触れてみたいという願望が、当時のボクは強かったんだと思います。
多少意味がよく分からなくても、本を眺めているだけで心地よさを感じていました。

「時空は曲がっている」なんて言葉そのものが流行ってしまうほど、
当時はちょっとした科学ブームでした。

「ニュートン」が創刊され、その後立て続けに科学雑誌が創刊されていきました。
ボクは「クォーク」という雑誌を愛読していました。
愛読していたといっても、こずかいの範囲で買うことは難しかったので、ひたすら本屋で立ち読みをしていました。

その「クォーク」で連載されていた特集の「10歳からの相対性理論」も毎回楽しみにして読んでいました。
この連載は「相対性理論」というより「アインシュタイン」の生涯に関する内容が多くを占めていました。
その影響もあって、「アインシュタイン」個人に対する関心が高まったのです。

「アルバート・アインシュタインの伝記」なども読みました。
とても波乱万丈の人生だったようです。

この辺の詳しいことを知りたい方はアインシュタインの科学と生涯をご覧ください。
とても充実しているお薦めサイトです。



ところで、当サイトはあくまでビジネス情報のサイトです。








posted by albert at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。