2004年12月11日

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のビジネスモデル

ここのところ、ネットコミュニティに関する話を続けていて、
ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)に関することも書きましたが、
ビジネスモデルはこれから…みたいに思っていました。

ところがこれは、勉強不足もいいところでした!

おとなりの韓国ではすでに、ものすごいことになっているんですね!!

百式の田口さんとソーシャルネットワーキング.jpの原田さんプロデュースによる無敵会議番外編で取り上げられていた韓国のSNSから発展したコミュニティサイトCyworldは、ビジネスとして大成功しているようです。
(「無敵会議」って、毎回テーマが面白い!!)

Netcom Eyeに掲載されていた「Cyworld」の概況がわかりやすかったので抜粋します。

・会員数は1000万人(人口の5分の1!)
・月商80〜100億円
・20万アクセス/1日(国内1位)
・平均利用時間 2時間/1日


・日本のブログとアバターとSNSが一緒になったようなコンシューマ向けコミュニティサービス。

・収入を、他の人にプレゼントするための仮想通貨(「どんぐり」といわれている)の売り上げで得ている!
(どれだけ人に「どんぐり」がプレゼントできるかが、その人の価値を表すほどになっている)


仮に、月商が100億円とすると、年商1200億円!!
これは、すごいことです!

日本において、同様のパターンは難しいのでは…とここにも書かれていて、
背景を考えるとその通りだと思いますが、ビジネスチャンスは必ずあるような気がしてきますよね。

日本では、まず広告収入が突破口になりそうです!





posted by albert at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 新ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市のネットコミュニティも活発に!

ネット上でのコミュニティに関する話題が、最近とてもよく目につきます。

今日注目したのは、INTERNET watch情報です!

この、熊本県八代市が運営するごろっとやっちろは本当にすごい!
とても力を入れていると思いました。

ソーシャルネットワーク(SNS)とブログのよい部分を上手に生かしています。

「ブログやカレンダーに掲載した情報を、地図と連動できる」なんていう機能も素晴らしいし、
新しい技術をどんどん取り入れようとしている姿勢がうかがえます。

自治体のサービスとして、ここまで完成されたコミュニティは今のところ無いのではないでしょうか・・・

市民発の生情報は、同市民にとって、かなり関心高いはずです!
ここでのコミュニケーションは市全体の活性化につながっていくことでしょう。

これがモデルケースになって他の地域にも広がっていくと面白いなと思いました。

いずれ、複数のネットコミュニティに参加するのは当たり前の時代が来ると思います。
そうなると、情報収集の多くはネットコミュニティを通じて行なわれるのでしょうね。

やっぱり、コミュニティ・マーケティングの勉強を本格的にしなくては…
posted by albert at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

絶好調なネット広告

現在、インターネット広告は順調に伸びています!

本日の記事によると、9月のネット広告は総額6億9620万ドルに達したとのこと…
(1ヶ月間ですよ、念のため…)

で、気になる広告費のトップ3企業は…
デル、ヒューレットパッカード、IBMだそうです。

ま〜、お馴染みの企業ばかりですね。

依然として広告主は同業種(ハイテク業界)が中心のようです。

広告費の成長率をみても、2004年1月から9月にかけての統計調査では、
前年同期を、25.8%も上回っています。
他のメディアと比較してもインターネット広告はダントツです!


…と、ここまでは米国の話だけど、
さて、日本の場合はというと…

2003年度の統計調査で、インターネット広告1183億円
なんと、前年を40%も上回っているのです!!
やはり、日本でもネット広告は好調のようです。

これは、検索連動型広告(オーバチュアアドワーズほか)などターゲットを絞り込める広告が非常に評価され、
新規でインターネット広告を始める企業が増加しているが大きな要因のようです。

インターネット広告の特徴のひとつとして、効果を計測しやすいということが挙げられます。
これによって将来に向けての広告計画が作りやすくなりました。


広告計画を立てるときには、まず最初に広告の達成目標を確認することから始めます。
そして、この目標に対する達成度が「効果」ということになります。

ここで言う「広告の達成目標」は、商品の売り上げをあげることであったり、会員を獲得したり、広く認知させることであったり・・・実に様々です。
そして、そのそれぞれに対してより具体的な目標設定が必要です。(数値目標など)

インターネット広告はそういった多くの目標達成度の計測を可能にしました。

さらに多くの広告形態を開発して進化を続けてきました。

つまり、技術に支えられた広告なんですね。
今後も新しい技術開発が進むものと思われます。

この辺を、基礎からきっちり勉強したい方には、ズバリ!インターネット広告のひみつがお薦めです!!
posted by albert at 01:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

「コミュニティ・マーケティング」が大切なわけ

先日、ソーシャルネットワーキングの本を読んでから、
コミュニティ・マーケティングに興味を持ちました。

この手の本なら、最新のものを…
ということで、この本を買いました。
(最新といっても6月発行ではありますが…)

「コミュニティ・マーケティング」が企業を変える!―広告はなぜ効かなくなったのか?
NTTメディアスコープ エヌティティメディアスコープ=

かんき出版
2004-06
売り上げランキング 251,467
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



サクサク読める本でした!
「通勤の一往復+α」で読み終えてしまいました。

ソーシャルネットワーキングに関する記述はなかったものの…
導入部分にあった、「なぜ、今、コミュニティ・マーケティングが大切なのか?」
に対する答えがとても納得できるものでした。

自分流の勝手な要約で振り返ってみましょう・・・


企業の声は消費者に届きにくくなってきた。

かつては、企業の声こそ唯一の情報であり、
消費者は情報の受動的な受け手だった。

そして、都合の良い情報を発信することで、
消費者の行動をコントロールしていた。

…ところが、状況は一変した!!

今や、消費者は自ら情報の発信者にもなり、
自主的に必要な情報だけを収集するようになってきた。
メディアは、情報収集のためのツールになった!

さらに、消費者たちは消費者同士で情報交換したりして、
その会話の中から、欲しいものが生まれたりするようになった!


・・・もう、今までのような広告展開などでは通用しなくなってきているんですね!

ここでさらに、「消費リーダー」が時代とともにどう変わっていったのか・・・
ということも、整理しておく必要があります。

1950年代〜1960年代「家庭の時代」
この時代は、情報の発信元が父親からテレビに替わっていき、電気洗濯機や電気釜などの耐久消費財が売れた。
家族の絆が重視された時代。

1970年代前半「男の子の時代」
団塊の世代(1947年〜1949年生まれ)が若者になった。
まだ、このころは子育ても男女間で異なり、男の子に対する将来に向けた期待が大きかった。
ヒット商品もスクーターやステレオコンポなど。

1970年代後半〜1980年代前半「家族(夫婦)の時代」
団塊の世代が結婚適齢期になり、夫婦を中心とした家族がリーダーとなってきた。
プリントゴッコや布団乾燥機・ウォシュレットなど…

1980年代後半〜1990年代「女の子の時代」
すでにこの時代から消費リーダーが見えずらくなってはいたが、女の子がかろうじて元気だった。
OL→女子大生→女子高生→女子中学生へと移り変わっていった。
ポケベルやポケットボードなど…

2000年以降「消費リーダー不在の時代」
ここに来て、消費者リーダーは誰か見失いつつある…


・・・確実に、消費リーダーは移っていってますよね!

著者は、現代において特定世代の人が消費リーダーとして登場するのは考え難いと言っています。

では、誰がリーダーになっていくのか?

おそらく、1950年代の消費リーダーが「家庭」であったように、「家族」とか「地域」、「趣味」、「教養」といった共通の目的を持ったグループ(コミュニティ)のようなものになる・・・と言っているのです。

本書にあるコミュニティを生かしたビジネス事例は、新しい時代の到来を予感させてくれます。

「企業は消費者とコラボレーションをする関係に移行すべきである」などの著者の言葉は、とても重みのある言葉です。

「コミュニティ・マーケティング」について、もっともっと勉強したくなりました。
良い機会をこの本が与えてくれたのですね。

やはり、本との出会いは大切です!!


posted by albert at 01:08| Comment(2) | TrackBack(1) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。