2004年11月13日

あの商品をつい買ってしまう理由とは?

来週頭に提出しなければいけない企画書があります。
ところが、どうも煮詰まってしまいました。

詳しい仕事内容まではお伝えできないのですが・・・

生誕30周年を迎える、ある商品がテーマです。
ここにきて競合商品が多く出てきて、売り上げも下降線をたどり始めました。

そんな中、もう一花咲かせたい!更なる飛躍をさせたい!
というクライアントの希望を叶えるのが要求された仕事内容です。

広告代理店が受ける仕事としてはよくあるパターンです。
ただ、今回の商品に関してはどうも難しく困り果てていました。

商品の機能面に関するアピール力は弱く、
もっと、商品の持つ世界観のようなもので、差別化しなければ・・・

自分の中に足りない何かを求めて本屋に足を運びました。
「困ったときは本屋に急げ!」これが、ボクの合言葉です。

そして今回も、救世主となる本に出会いました!

なぜ、買い続けてしまうのか!―ブランドに愛着を生む「8つの感情」
井上 浩嗣 松野 隆一

東洋経済新報社
2004-04
売り上げランキング 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そうなんです、ボクが求めていたのは「ブランド論」なるものだったんです。

しかも、このジャンルの本はたくさん出ていますが、
「感情の力」をこれだけ分析していることに新鮮な驚きがありました。

実際の自分の購買行動から考えても非常に理解できます。
『理由はわからないけどつい買ってしまう』ことってありますよね!
これって、「感情の力」が自分をゆり動かしているんだと思います。

著者曰く、大切なのは「思い出されるしくみ」をつくること!
次に、「感情が湧き起こるしくみ」をつくること!

それには、商品をひとことの平易な言葉に置き換えることがポイントです。

で、この言葉が探しにはコツがあるということなんです。

商品のどんな特徴を言葉にしたらいいかというと・・・
●製品特性・・・客観的な事実
●消費者のメリット
●ブランドにまつわるヒト・・・男性、女性、子供、若者など
●ブランドにまつわるシーン・・・どこで、いつ、誰と、なぜ消費するか


そして、本書最大のテーマが「8つの感情」です。

ブランドに対する愛着は、ブランドと結びつく感情から起こるのです。
それは大別して以下の8つです。

@やさしい気持ち
A和やかな気持ち
B自由な気持ち
Cワクワクした気持ち
D立ち向かう気持ち
E禁を破る気持ち
Fリフレッシュした気持ち
Gゆるぎない気持ち


コレだけ見てもなんのことだかよく分からないですよね。
ただ、次の例をみたら、何となく想像できるかもしれません・・・

『やさしさ』・・・クー(飲料)、ミルキー、メリット、マスターカード
『和やかさ』・・・スターバックス、キレイキレイ、JINRO
『自由』・・・レガシイ、マイルドセブン、コロナビール
『ワクワク』…ドンキホーテ、楽天、スウォッチ
『立ち向かう』・・・リポビタンD、Gショック
『禁を破る』・・・ハーレー・ダビットソン、ギャッツビー
『リフレッシュ』・・・キットカット、ブレンディ
『ゆるぎない』・・・水戸黄門、ウーロン茶、アメリカンエキスプレスカード

どうですか?
なんとなくだけど、わかりませんか?
このような実例を題材にして、本書でそれぞれの「感情の力」を解説しています。

いや〜!これは、今回の企画書に十分に使える発想です!
いいヒントを得たので、企画書作成もはかどりそうな気がしてきました。

プレゼンテーションの日が楽しみになってきましたよ!
posted by albert at 03:02| Comment(4) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございます!
コロムビアの復活は純粋にうれしいですよね。

このブログ面白いですね!
また見させていただきます!
Posted by dekitan at 2004年11月13日 19:04
ありがとうございます!
なるべく更新できるようにがんばりますので、
時々、覗いてみてください!
「デキタン」もちょくちょく拝見させていただきます!
Posted by アルバート at 2004年11月13日 19:26
こんばんは。「ブランド論」奥が深いですよね。私も最近は書店でブランド・コーナーに立ち寄る事がちょくちょくあります。プレゼン成功祈ってます!そしてその後の状況とかもブログで公開してもらえると楽しそうですね。ではではまた!
Posted by ハジー at 2004年11月13日 20:50
ブランドに関する本はボクももっと読んでみたいと思いました。
「アルバートStyle」もブランド化できたらいいなぁ(・・・なんて?!)

ところで、サイトの内容も、当初予定していた内容と少しずつ変わってきました。
方向性を微調整できるのもブログならではなんだと思っています。
でもいつかは、固定したコンセプトを持ちたいです。
ハジーさん、ありがとうございます!
Posted by アルバート at 2004年11月13日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。