2004年11月21日

広くて深〜い海の出来事

今日は、番外編です!

前評判を聞いて、ず〜っと、観ようと思っていたんだけれど、なかなか観る事ができなかった映画がありました。
もう、終わっちゃったと思っていたら六本木で上映していました。

その映画とは、ディープブルーのことです!

観た人も多いのでしょうね・・・
今さらって感じですけど、とにかく凄かったです!

本当に見たことのない映像の連続です。

教訓めいたことを語るわけでもなく、ただありのままの映像が展開されていく。
それがすごいなって思いました

「海」がテーマですが、その「海」が柔らかく感じたり、鋭利な刃物の集団みたいに感じたり、温かく感じたり、つめた〜く感じたり、やさしく感じたり、とてつもなく恐ろしく感じたり・・・
音響の迫力も加わって、ぐいぐい引き込まれました!!

たくさんのシーンが、まだ脳裏に焼きついたままです。
きっと、将来この焼きついたシーンが頭の中で何度も再生されるような気がします。

とにかく、壮大なシーンの数々に、小さな悩み事などは吹っ飛んでしまったような気がします。
ものすごく広くて、ものすごく深い海の中に、これだけの生き物が日々懸命に生きているんですね。

一日たりとも無駄に過ごしてはいけないなって思いました。

当たり前のことを確認できて本当に良かったと思います。

観るとしたら、絶対に映画館で観ることをお勧めします!!




posted by albert at 22:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画「ディープブルー」はその名の如し!
Excerpt: 本日は、以前から見ようと思っていてなかなか見れなかった映画 「ディープブルー」をようやく見てきました。
Weblog: 壁紙担当者ブログ@WebryBlog
Tracked: 2004-11-23 23:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。