2005年01月12日

ビジネスマンのための珠玉の言葉集

ボクが毎日楽しみにしている携帯電話メールマガジンがあります。

それは東京ブックです!

百式の田口さんが、おすすめ本の紹介とそれを実際の行動に移すための企画を携帯電話に届けてくれるのです。
だいたい電車の一駅区間ぐらいの時間で読めてしまうのですが、よく吟味されている内容なので非常に参考になります。

この東京ブックをまとめた本を特別価格で購入することができました!
(東京ブックレポート001〜004)
※クリスマスごろまで、特別セールだったみたいです!

薄い本ですが、素晴らしい言葉がたくさん散りばめられていました!!


気に入った言葉を、一部自分の言葉に置き換えて以下にメモしておきます。
(コレだけ読んでも何だかよくわかりずらいとは思いますが・・・)


・行き詰まったら、別の角度の問題に作り変えてみる。
・○○さんの立場だったら…と思うことで、たいていの問題は解決する。
・現状を視覚化してみる。問題を「視える化」する。
・自分と関連性の薄い立場の人からこそ飛躍的な問題解決策がもたらされる。
・数値化できない目標は目標と呼べない!
・常に「今のポイントは何だ?」と自分に問いかける。
・絶望は選択である!(実際には絶望的な状況はありえない)
・手付かずの仕事は次の4つに振り分ける
 (1.今すぐにやる 2.今すぐ人に任せる 3.いつどこでやるか決める 4.やらないと決める)
・一日一度はプランニングの時間を持つ!
・「やりたいこと」を全部書き出す。(何か忘れてないか?という不安をなくす)
・アイデアに詰まったら、意識して「くだらないアイデア」を考えてみる。
・「もっといい方法はないか?」「これが自分のベストか?」
・アイデアは話しまくって刺激を受けて、熟成させてからビジネスとしてスタートさせる。
・比較することで理解は深まる。比較の意見には知性を感じる。


tokyobook


※偶然にも、前にボクが紹介した本からの出典が比較的多かったみたいです。

【東京ブックレポート内の出典元】
「一冊の手帳で夢は必ずかなう」(熊谷正寿著 かんき出版)
「アイデアのヒント」(ジャックフォスター TBSブルタニカ)
「加速成功」(道幸武久著 サンマーク出版)
「真田哲弥の実践企業講座」(ベンチャー通信 第9号)
「OJTでいこう!」(中川淳一郎著 翔泳社)
「すごいやり方」(大橋禅太郎/倉園佳三著 扶桑社)
「一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクト」(主藤孝二著 ダイヤモンド社)
「海馬」(池谷裕二、糸井重里著 朝日出版)
posted by albert at 00:37| Comment(2) | TrackBack(2) | ビジネス全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとなく見たページでしたが、大変参考になりました!!意味の深い言葉がたくさん書いてあり、これからの自分の人生に役立てていこうと思います☆
Posted by かおり at 2005年01月12日 00:46
かおりさん、はじめまして!
お役に立てて嬉しいです!!

ボクももっと表現力を磨き、役立つ情報をわかりやすく提供できるようにしたいと思っています。

ぜひまた、遊びに来てください!!
Posted by アルバート at 2005年01月12日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

そういえば、あれから3年!あれから1年!世界中に自慢したい2年間だね
Excerpt: 先日、とても嬉しい招待状が届いた。 会社立ち上げから2年間出向した会社、オージェイティー・ソリューションズの創立3周年記念パーティーの招待状だ。名古屋のマリオットで開かれるらしい。 そうか、あ..
Weblog: YOHEIの喜怒哀楽・多事争論
Tracked: 2005-03-09 02:46

すごいやり方
Excerpt: 必ずしも、質問して答えを出すという内容ばかりではないのですが、うまくやるために必要なのは「自問自答力」ではないかと思いました。状況を把握して適切な形の質問を設定し、答えを出す。 論理と感情の両面が..
Weblog: pluswellの自己啓発アフィリエイト成功日記
Tracked: 2005-05-30 02:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。