2005年04月27日

企画に役立つ情報集

久しぶりに企画関連の本を読みました。


企画魂―プレゼン兄貴のかけこみ企画書相談室
竹島 慎一郎

アスキー 2005-04
売り上げランキング : 217,415

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者の本は何冊も読んだことがありました。
新刊が出たと知り、書店で見つけて飛びつきました!

企画やプレゼンに関する力を上げるための具体的なアドバイスが満載で、ボクにとっての新発見もたくさんありました。

7つのステップに分けて説明がありました。
それぞれの気になった箇所を少〜しだけ紹介しておきます。


@打合力…打ち合わせで、相手が最も言いたいことを聴き取る力

・クライアントの物語を引き出すには、3つのステップが必要!

 1.日常の生活や自分の殻から進んで出て行く、越境。
       ↓
 2・少しずつ心を開いていって、相手を理解できるようになる。
       ↓
 3.境界なんてものは、そもそもなかったと気づく

・相手の物語を書き写していくことが肝心。

・頭にあるイメージをノートに写すときは「書く」より「描く」がふさわしい!

・初期段階で、これらのイメージによる理解を、一度言語による理解に置き換えて企画の骨子をまとめておく!


A仮想力…いろいろな可能性から企画の仮説を立てる力

・違う分類のものでも,持っているイメージの一部の類似性で結びつけてみる。

・目先を換える考え方
「他の用途に使えないか」「応用できないか」「変更したら」「拡大したら」「縮小したら」「代用したら」「再構成したら」「逆にしたら」「組み合わせたら」


B物語力・・・企画の全体像を描き、コンセプトを構築する力

・かき集めた断片を、その人の気持ちをすくいとって、いま何を望んでいるかにサッと光をあてて、それまで見たことのないようなものを差し出してあげるのが企画。

・アイデアはできるだけたくさん出す。
 (10や20なら割と考えつくが、100の大台までなると、どこかで頭の切り替えを行なったり、発想を大胆に換えたりしないとそうは出てこない!)

・発想法では、ずっと気にかけている状態を持続するプロセスが重要。


C遊戯力・・・遊んでいるように楽しくアイデアを発想する力

・積み上げた専門「知識」+日常生活の何でもない「知識」
・・・さらに、何気なく入ってくる「情報」が掛け合わさったりしてアイデアは生まれることになる。

・アイデア発想の5ステップ

 1.資料集め
   ↓
 2.資料の加工
   ↓
 3.孵化段階
   ↓
 4.わかった!
   ↓
 5.アイデアの具体化

 中でも、4の孵化段階が重要! 問題を全て忘れ、問題をできるだけ完全に心の外に追い出す!

・さらに、アイデアを得るために大切なことは次の2つのポイント

 1.企画とは全く関係ないことをしてみる
 2.言葉ではなく、イメージでものをとらえなおしてみる


D図考力・・・図で考え、図解入りの企画書でまとめる力

・「作る視点」ではなく「見られる視点」で考える

・紙に鉛筆を置くときには、既に描かれている絵があるように描く・・・画家のように

・図解は、ユニット数は? パターンは?で考える。この場合のパターンは以下の6種類12パターン。

 1.列挙型・交差型
 2.外周型・回転型
 3.拡散型・合流型
 4.展開型・上昇型
 5.階層型・区分型
 6.対比型・相関型


E惹句力・・・人の心を惹くコンセプトワードを魅力的な言葉で書き上げる力

・物語を描くには、物語を読んでいることに勝ることはない。

・誰か著者を一人を決めてその人の全集から日記から全部読む。
もしくは、気に入った同じ本を何度も繰り返し読むのが効果的!


F思描力・・・企画書の全体像を思い描き、ストーリーとしてプレゼンする力

・企画書は「腰のくびれ」が大事!・・・企画の中盤にあるコンセプトワードがギュギュっと凝縮されている感じがイイ!




さらに、本書では役立つツールの紹介がいくつもありました。

中でも、気になったのはインスピレーションとういうマッピングソフトです。

噂には聞いていましたが、なんだかとても役立ちそうです。

そうは言っても、決して安いものではないので、まずはフリーソフトで思考支援ツールなるものを試してみようと思い、本書には載っていなかったんですが、IdeaFragment2というソフトをダウンロードしてみました。

まだ使い始めたばかりですけど、視覚的にアイデアの断片をグルーピングしていくことができて、なんとなく世界が広がっていきそうです。
もう少し使いこなしてみて、良かったら改めて紹介します!


他にも様々なツールの紹介があり、本書からはたくさんの情報を得ることが出来ました。

著者のホームページにて、これらのツール見本や企画書見本を今後掲載していく予定みたいです。

こちらも、楽しみです!
posted by albert at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。