2005年06月09日

ソーシャル・ネットワーキングのサイトを自社で構築しよう!

以前、ソーシャルネットワーキングって何?で紹介した本の著者が、また関連の本を出版されました。

4797331054ソーシャル・ネットワーク・マーケティング 21世紀型―『コミュニティ・マーケティング』と『顧客クラブ』
山崎 秀夫

ソフトバンクパブリッシング 2005-06-01
売り上げランキング : 1,967

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回は、自社で「ソーシャル・ネットワーキング」を利用して顧客クラブをつくり、マーケティングに活かしましょう!といった内容です。


どうやら、いよいよ本格的に脱マスマーケティングの時代が始まりそうです。

生活者が多様なメディアを選択し、情報発信の主体が企業から生活者(消費者)に移る時代に入り、これからは企業はブランド・コミュニティを形成してここでの経験をマーケティングに活用することが重要になってくる
…と著者は語っています。

「コミュニティ」と一口に言っても様々なスタイルがありますが、なかでもソーシャル・ネットワーキングは「紹介制」という特徴から非常に健全なコミュニティ形成がなされています。

ですから企業がこれからソーシャル・ネットワーキングを利用するケースもどんどん増えると思います。

本書で気になったのは、BizPalECMiXなどのようなソーシャル・ネットワーキングのASPサービスです。
これを利用することで比較的手軽にサイト運営をスタートすることができそうです。

さらに、日米の事例を多く紹介してありました。
実に、色々なタイプがあるのですね〜! とっても勉強になります!

ほんのちょっとした機能の違いでも、ユーザーの立場からすると大きな違いを感じることが良くありますよね。
こういった感覚的なコトは、本を読んだだけで理解するのはなかなか難しいです。
これはもう実際に体験してみるしかないのでしょうね!



実は先日、たまたま某有名ソーシャル・ネットワーキングのサイトを運営されている方々とも、お話する機会に恵まれました。

長時間にわたって運営上のコツなどを伝授していただき、非常に有益でした!!

一番大切なのは初期段階でコミュニティを活性化させることに集中することなんだそうです!

実に当たり前のことのようですが、活性化する前に宣伝くさいアクションをおこしたりしてしまって失敗することって良くあるみたいです。

だから、そこはじ〜っと我慢して、ユーザーのやりとりを静観しているのがコツなんだそうです。
(会話の流れによって「ビジネスチャ〜ンス!」などと思わない!)

そして時々、一方通行になってしまっている投稿に答えてみたり、ちょっとしたフォローを定期的に加えることが初期段階では大切なようです。

その後、軌道に乗ってくれば、管理もずいぶんと楽になるのだそうです。

放っておいても、ユーザー同士で勝手に盛り上がってくれるようになる!
あちらこちらでオフ会を始め出したり… リーダー的存在ができたり…

経験豊富な方々のアドバイスです。ぜひぜひ、参考にしてみてください!






posted by albert at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4246088

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。