2004年09月15日

神田昌典さんの本

本屋で何度も目にしていたけど、手に取ろうとしなかったのが、神田昌典さんの本でした。

本の表紙からして超派手だし、いかにもベストセラー狙ってるって感じの軽い題名も馴染めませんでした。
大変失礼ながら、買うのが恥ずかしいとすら思っていました。(神田さん、スイマセン!)

ところがどっこい、すごく面白いではないですか!!

最初に読んだのは・・・

お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
神田 昌典

フォレスト出版
2004-07-17
売り上げランキング 1,706
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


下巻もいいけど、特に上巻が良かった!
英語の大切さもわかったし、その学習のための方法論もわかったけど、そんな事より何よりも夢を確実につかむための王道が書かれていたんだと思います。

自分の言葉でまとめてしまうと「目標を明確にしてそのための最短距離を走る!」ってことだと思うんですが、この「目標を明確に!」って作業が僕は案外できていないことが多かったと思います。

「具体的」で「計測可能」で「自分が納得」していて「現実的」で「期日が限定」されている目標!
これがとっても大事なんですね・・・納得しました。

非常にわかりやすい文章なのでどんどん入り込んでしまいました。

彼の著書をもっと読みたくなりました。そこで・・・

60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法
神田 昌典

ダイヤモンド社
2002-12-07
売り上げランキング 3,746
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも一気に読んで、今日読み終わりました。

この本は、企業戦略を構築する上でのバイブル的な本になりそうです。

よくある企業戦略本を現代風にアレンジして、かつ神田さんの経験に基づいた様々な工夫がされています。

@商品 
A顧客 
B競合 
C収益シミュレーション 
Dタイミング 
Eメッセージ
 
以上6つのステップを解説構成になっています。
それぞれステップにおいて確認チャートがついています。
これは、とても機能的です。使えそうです!

最初は偏見だらけで立ち読みすらしないでいた「神田シリーズ」ですが、内容がしっかりしているから売れているんですねぇ。
ベストセラーもドンドン読んでみよう!
posted by albert at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。