2004年11月01日

今、「検索」が熱い!(パート3)

「検索」がこれから面白くなっていくことは、前述の通りでまちがいなさそうです。
そして、様々な人々が知恵を出し合っています。

つい先日も、六本木ヒルズで『検索会議』なるイベントがあったようです。
検索技術の未来を考える、とても楽しそうなイベントです。

これは、ボクのお気に入りサイト百式を運営する田口元さんとPassion for the Future運営の橋本大也さんというゴールデンコンビが定期的に開催しているイベント「無敵会議」のひとつのテーマです。

ボクも参加したいと思ったのですが時間が合わず、参加できませんでした。残念!

この中で、橋本さんは「あらゆるものが自動認識され、記録され、関連付けられ、検索されてしまうという世界60億総検索時代に突入する」との見解を述べていたそうです。
すごい時代ですよね〜!

田口さんは、現在の検索技術の例として次のようなものを紹介しています。
・検索結果をエクセルデータのようにソート・並び替えできるSnap.com
・RSS検索のFeedBackBulkfeeds
・メールを書いている時であればそのメールの内容に関連した情報を自動で検索するBlinkx
他にも、「言語以外の検索」として、正面・側面・上面と3つの視点から書いた2Dの絵を元に3D検索する「3D Model Search Engine」など・・・

どれも、面白い!検索の未来形ですよ!

さらに、参加者のアイデアが面白いんです!
これから、あったらいいと思う検索技術として様々な意見が・・・

検索結果を見た時の汗や声、心拍数といった情報を利用して、多くの人を興奮させた情報のランク付けを行なう「テンション検索アルゴリズム」
日々のひとりごとを収集して悩み解決の糸口を探る「ひとりカウンセリングアルゴリズム」
などなど・・・

う〜ん、素晴らしいです!
ホントに参加してみたかった〜!!
posted by albert at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/932009

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。