2005年12月02日

これからの時代の「会社のしくみ」

最近、「これからの仕事のあり方」や「これからの会社のあり方」に関して考えることが多くなりました。

ここ5年くらいで世の中はとっても大きく変わったように思います。

当然、会社も世の中の変化に合わせて変わっていかなければ生き残れません。

そんな思いを、よりいっそう強くする一冊に出会いました。


447837497X会社のしくみは変えられますか?
鈴木 貴博

ダイヤモンド社 2005-10-28
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「大企業が優位である時代は終わった!」

…そんなメッセージからこの本は始まります。


かつて、取引コストなどは購買規模が大きいほど下がっていくので大企業は有利だったのだが、今では小さな企業でも同様の低いコストで入手できるようになった。
(たとえば、ボールペンでもアスクルやオフィスデポで調達できる)

他にも、研究開発などにおいてもインターネット上仮想チームによる研究開発を行なうことができるし、
論文や研究成果を検・入手することが容易になった。
これにより大企業の優位性は失われるつつある。

これからは「持たざる経営」へとシフトしていくべきであり、
外部に業務委託していくことが変革の入り口としては有効だ・・・

…そんなことを著者は述べています。


さらに、

「取引先を絞り込み、運命を共にする」

という考え方を企業が持つことを筆者は推奨しています。

このことを説明するために日産自動車の例があったのですが
これが、ボクには非常にわかりやすかったです。

あのカルロス・ゴーン氏のリバイバルプランというもののひとつです。

部品調達コストを20%下げることを目標にした。
でも、購買部の反応は「そんなことは絶対に無理」というものだった。

しかし、ゴーン氏は全く別次元の着眼点で捉えていた。
それは、つまりこういうこと…

まず、プラットフォームの種類を24種類から15種類に減らすことで、共通化できる部品が増えたり、同じサプライヤーに作らせることができる部品が増える。

その上で、それまで1145社あった部品メーカーの数を半減させ600社に絞り込む。

これにより、取引先として残ることができたサプライヤーにとっての日産の取引量は大幅に増え、
取引量が増えれば結果的にコスト削減を行なうことができる・・・
半分のサプライヤーを失うことで、残り全体を生き残らせることを選択した。

…なるほど〜! 非常に合理的です。


そのほかにもいくつもの改革をゴーン氏はやってのけて日産は見事に息を吹き返したのですね。

まさに、発想の転換ですね!


発想の転換といえば・・・
アップル社の発想の転換例を解説した部分なんかも、この本の中にあって興味深く読めました。

「ipodシャッフル」
曲名などを表示するためには、ついていたほうが便利なはずの液晶パネルがついていない。
でも、ランダムな音楽が演奏されるという「新しい体験」をファッションにして、
さらにコスト削減にもつながった。

「iMac」
フロッピーディスクドライブなど搭載されていないものがいろいろとあったが、
アップル社は、「そういったものが搭載されていないことこそがインターネットライフなのだ」
という発想の転換を打ち出すことで、大ヒット商品になった。

…う〜ん、アップル社の戦略がいかに優れているかがよくわかります!

「力点を置くべきなのはどこか?」って考えるときのヒントになります。



他にも具体例はたくさんあって、とても示唆に富んだ内容の本でした。

本当に時代は大きく変わりました。
と、いうより「変わりつつある」ですね。

会社も人も大きく変わらなければいけないんだなぁ・・・

この本は、いろいろと考えるきっかけをボクに与えてくれました。
posted by albert at 01:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

渋谷ではたらく社長の告白

渋谷ではたらく社長のblogで前々から執筆状況などが記されていたので
この本の発売をとても楽しみにしていました。

渋谷ではたらく社長の告白
藤田 晋

アメーバブックス 2005-03-31
売り上げランキング : 2
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ご存知、サイバーエージェント藤田社長の自叙伝です。

会社経営にかける熱い思いが伝わってきました。
とっても刺激的な内容です。

それにしても、著者は文章が上手ですねぇ…
自然に引き込まれて、一気に読んでしまいました。

登場人物も、USENの宇野社長、楽天の三木谷社長、GMOの熊谷社長、そしてライブドアの堀江社長など…
そうそうたるメンバーです。

猛烈な仕事ぶりや格好のいいところだけを書かずに、弱い部分や過去の反省点などを洗いざらい告白しているところが素晴らしいと思いました。
その上で、本当に「21世紀を代表する会社を作りたい!」と唱える著者の心意気は本物だなぁと思わされました。

クライマックスを書きながら著者自身、涙ぐんでいたそうです。
そのときの情景が目に浮かんできます。

読み終えるとなんだか元気が出てきますよ。
よ〜し! がんばろう!
posted by albert at 21:42| Comment(2) | TrackBack(26) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

Googleニュースの効果

Googleニュース検索って便利ですよね!
ボクは本当によく利用しています。

その、Googleニュース日本版で2004年にもっとも検索されたキーワードのランキングが発表になっていました。

1位「ライブドア」
2位「楽天」


なるほど〜!話題の企業名がワンツートップですか〜 やっぱり!という感じです。

実際に、ボクも面白がってよく「ライブドア」というキーワードでニュース検索をしていました。
するとその結果、球団関連のニュースも当然多かったのですが、
本業にからんだ新しいサービス開始のニュースなどを非常に多く目にしたのです!

そのときに「ライブドアは、勢いのある会社なんだなぁ〜!」と思いました。
同様の感想を持った人は多いはずで、このことは企業イメージを高めることに十分つながったと思います。

一企業のあるニュースを追いかけていたら、その企業の別のニュースをキャッチするということは、このGoogleニュースではよくあることです。

企業がニュースとなる材料を短期間に量産することは、イメージ向上に非常に有効だと思われます。
そしてこの傾向はますます強まっていきそうです。

ただ、問題はそれだけの好材料が続けて出せるかということですね...
posted by albert at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

あの経営者の声を聞いてみる

最近、メールマガジンを読むのも大変になってきたので、読むメルマガをどんどん絞り込んでいます。
だから、今読んでいるメルマガはかなり厳選されたものなので、自信を持って推薦できます。

今回は、そのうち一つをご紹介します!

プレジデントビジョンです!

現在、活躍中の社長へのインタビューが中心のHTML形式メルマガです!

インタビューは、非常にまとまっているので読みやすいです。
登場する社長はIT関連企業の方が多いようですね。
(バックナンバーは、全て見れます)

知っている人も多いのでしょうが、知らなかったら、ぜひメルマガ登録することをお薦めします。

現在、8万人も登録しているんですね。
メルマガとしてはかなりの発行部数ですよ、この数は!!

ちなみに、今日は潟Jフェグローブ・ドット・コムの矢野社長が登場していました。
同社運営カフェグローブの読者は20代30代の働く女性。可処分所得は高く、キャリア志向、オピニオンリーダー的存在の女性たちが中心だそうです。
知的好奇心旺盛な女性たちにむけて、政治からファッションまでの豊富なコンテンツを提供しているということです。

ボクも時々、見ていましたが、ここまで読者層が明確になっていたんですね・・・
読者が明確になっているので、その分、そこに向けてどんなサービスが今後必要なのか・・・ということがとてもはっきりとしています。
さらに、広告と連動したコミュニケーションにより、ユーザーにもクライアントにも役立つ情報が提供できる!結果的に、効率的なビジネスが展開できる!素晴らしい連鎖ですね!

社長の話は、今日もボクに様々なヒントを与えてくれました。

このプレジデントビジョンを運営されているライブレボリューション社長(増永さん)のプレジデントブログも最近始まりました。こちらも今後の展開が楽しみです。





posted by albert at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

飛躍する企業になるために

名作中の名作を、読み終わりました。

その名も・・・

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ジェームズ・C. コリンズ 山岡 洋一

日経BP出版センター
2001-12-18
売り上げランキング 5,630
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2001年発行ということなので、世に出たのはもう3年前になります。
発行当時から少し気になっていましたが、優先順位は低く設定していました。
結果、今頃になって読んだ訳ですが、その時期に関しては少し後悔してます。

とても大切な情報、そして信頼できる情報が満載なので、
もっと早く読むべきでした。
本当に良い本です。

内容は、調査結果レポートといえるもの・・・

偉大な企業へ飛躍し、かつ持続している企業を、
そうではない企業と比較し、徹底的に調べ上げて規則を見出したものです。
(前作は、最初から偉大な企業を取り上げていた)


5年間にわたって、膨大な数の企業を調べ上げています。
そのスタッフ数もまた相当な数で、検証に次ぐ検証をされて出来上がったのがこの本。
とても、貴重な本なのです。

著者が完璧に先入観を取り払うことはできないにしろ、
基本的にはデータ重視のレポートです。
新発見も多く見受けられます。
・・・つまり予想に反した結果となったということです。

本書では各章ごとに要約があるのですが、
今回はそれをさらに、以下のように強引に要約してみました。

@リーダーシップ
・リーダーは、個人としての謙虚さと職業人としての意志の強さをあわせ持っている。
・成功したときは、成功の要因を外に探し、結果が悪かったときは自分に責任があったと考える。
・成功の要因は個人の偉大さではなく幸運と考えている。
・・・「第5水準の指導者」

A人選
・最初に人を選び、その後に目標を選ぶのが重要である。
・偉大な企業の経営陣は、最善のこと答えを出すために活発に議論し、方針が決まれば利害を超えて全面協力する人たちで構成される。

B現状把握
・もっとも厳しい現実を直視することが大切。
・社風として上司が耳を傾けるようにする。
(具体的には、強制はせずに対話と論争を行なう。非難はせずに解剖するなど・・・)
・どれほどの困難がぶつかっても、最後に必ず勝つという確信を失ってはならない。

C戦略
・偉大な企業になるには、3つの円が重なる部分を深く理解し、単純明快な概念を確立する必要がある。
・3つの円とは・・・
【1.自社が世界一になれるもの】
【2.経済的原動力になるもの】
【3.情熱を持って取り組めるもの】

D規律
・偉大な業績を維持するためには、みずから規律を守り、規律ある行動をとり、3つの円が重なる部分を熱狂的に重視する人たちが集まる企業文化をつくる。
(「一生に一度の機会」でも、3つの円が重なる部分以外であれば、飛びつかない!)
・一貫性のあるシステムを守る人たちが必要であるが、システムの枠組みに自由と責任が無ければならない。

E技術
・どの技術分野においても、その技術が3つの円に適合したものかどうかである。
・偉大な企業の80%は飛躍の要因に技術を上げていない。
(技術が急激に変化する時代にも「這い、歩き、走る」方法がきわめて効果的である。)

F循環
・偉大な企業への飛躍は、外部から見ると劇的で革命的だと見えるが、内部からは生物の成長のように積み重ねの連続である。(魔法の瞬間はない!)
・巨大で重い弾み車を回転させるのに似て、当初はわずかの回転に相当な努力が必要だが、一貫性を持たせて押し続ければ突破段階に入る。



この著者は、「一億ドル積まれてもこの出版をとめることはできない。」と冒頭で言っています。
これだけの時間をかけて強い思いで作った力作だから、本当に世の中に知らしめたいという思いが全てなんだと思います。
とても、充実した読書時間でした。必ず今後に生かしていきたいと思います。
posted by albert at 20:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

神田昌典さんの本

本屋で何度も目にしていたけど、手に取ろうとしなかったのが、神田昌典さんの本でした。

本の表紙からして超派手だし、いかにもベストセラー狙ってるって感じの軽い題名も馴染めませんでした。
大変失礼ながら、買うのが恥ずかしいとすら思っていました。(神田さん、スイマセン!)

ところがどっこい、すごく面白いではないですか!!

最初に読んだのは・・・

お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
神田 昌典

フォレスト出版
2004-07-17
売り上げランキング 1,706
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


下巻もいいけど、特に上巻が良かった!
英語の大切さもわかったし、その学習のための方法論もわかったけど、そんな事より何よりも夢を確実につかむための王道が書かれていたんだと思います。

自分の言葉でまとめてしまうと「目標を明確にしてそのための最短距離を走る!」ってことだと思うんですが、この「目標を明確に!」って作業が僕は案外できていないことが多かったと思います。

「具体的」で「計測可能」で「自分が納得」していて「現実的」で「期日が限定」されている目標!
これがとっても大事なんですね・・・納得しました。

非常にわかりやすい文章なのでどんどん入り込んでしまいました。

彼の著書をもっと読みたくなりました。そこで・・・

60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法
神田 昌典

ダイヤモンド社
2002-12-07
売り上げランキング 3,746
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも一気に読んで、今日読み終わりました。

この本は、企業戦略を構築する上でのバイブル的な本になりそうです。

よくある企業戦略本を現代風にアレンジして、かつ神田さんの経験に基づいた様々な工夫がされています。

@商品 
A顧客 
B競合 
C収益シミュレーション 
Dタイミング 
Eメッセージ
 
以上6つのステップを解説構成になっています。
それぞれステップにおいて確認チャートがついています。
これは、とても機能的です。使えそうです!

最初は偏見だらけで立ち読みすらしないでいた「神田シリーズ」ですが、内容がしっかりしているから売れているんですねぇ。
ベストセラーもドンドン読んでみよう!
posted by albert at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。