2004年12月11日

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のビジネスモデル

ここのところ、ネットコミュニティに関する話を続けていて、
ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)に関することも書きましたが、
ビジネスモデルはこれから…みたいに思っていました。

ところがこれは、勉強不足もいいところでした!

おとなりの韓国ではすでに、ものすごいことになっているんですね!!

百式の田口さんとソーシャルネットワーキング.jpの原田さんプロデュースによる無敵会議番外編で取り上げられていた韓国のSNSから発展したコミュニティサイトCyworldは、ビジネスとして大成功しているようです。
(「無敵会議」って、毎回テーマが面白い!!)

Netcom Eyeに掲載されていた「Cyworld」の概況がわかりやすかったので抜粋します。

・会員数は1000万人(人口の5分の1!)
・月商80〜100億円
・20万アクセス/1日(国内1位)
・平均利用時間 2時間/1日


・日本のブログとアバターとSNSが一緒になったようなコンシューマ向けコミュニティサービス。

・収入を、他の人にプレゼントするための仮想通貨(「どんぐり」といわれている)の売り上げで得ている!
(どれだけ人に「どんぐり」がプレゼントできるかが、その人の価値を表すほどになっている)


仮に、月商が100億円とすると、年商1200億円!!
これは、すごいことです!

日本において、同様のパターンは難しいのでは…とここにも書かれていて、
背景を考えるとその通りだと思いますが、ビジネスチャンスは必ずあるような気がしてきますよね。

日本では、まず広告収入が突破口になりそうです!





posted by albert at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 新ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

話題になりにくいテーマこそ、webが情報発信!

価格.comはボクのお気に入りのサイトです。
様々な商品の価格が比較できるので、パソコンを買うときなどは特に参考にしています。
そして、掲示板には、ユーザーの生の声が集まってくるので非常に興味深いです。
愛機のザウルス情報などは、ほぼ毎日チェックしています。

そんな価格.comが新しいサービスを開始しました。

『葬儀費用の比較&一括見積り』サービス

ボクも、葬儀に関して情報不足で困った経験があります。

常日頃、考えているテーマではないし・・・
話題になりにくいテーマでもあるし・・・

そのくせ、必要になったときは集中的に情報が欲しいのです。

よく考えてみたら、葬儀の情報伝達メディアとして、webはふさわしいではないですか!
場所や時間にとらわれず、比較検討できる情報を得ることができるのですから・・・
これは、定番サイトになりそうな予感がします。

そもそも、料金もわかりずらかったですもんね。


「葬儀の流れ」や「こんなときどうする?」というコーナーも、いざというときには役に立ちそうです。


しかし、個人的に一番興味があるのは、「くちコミ掲示板」です!
まだオープンしていませんが、オープンしたらどんなコミュニケーションが取り交わされるのでしょうか・・・
本音がいろいろと出てきそうですネ。(管理する側も大変そうです)

結果として、この業界のサービス向上につながっていくことを期待したいと思います。


posted by albert at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 新ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。