2005年12月02日

これからの時代の「会社のしくみ」

最近、「これからの仕事のあり方」や「これからの会社のあり方」に関して考えることが多くなりました。

ここ5年くらいで世の中はとっても大きく変わったように思います。

当然、会社も世の中の変化に合わせて変わっていかなければ生き残れません。

そんな思いを、よりいっそう強くする一冊に出会いました。


447837497X会社のしくみは変えられますか?
鈴木 貴博

ダイヤモンド社 2005-10-28
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「大企業が優位である時代は終わった!」

…そんなメッセージからこの本は始まります。


かつて、取引コストなどは購買規模が大きいほど下がっていくので大企業は有利だったのだが、今では小さな企業でも同様の低いコストで入手できるようになった。
(たとえば、ボールペンでもアスクルやオフィスデポで調達できる)

他にも、研究開発などにおいてもインターネット上仮想チームによる研究開発を行なうことができるし、
論文や研究成果を検・入手することが容易になった。
これにより大企業の優位性は失われるつつある。

これからは「持たざる経営」へとシフトしていくべきであり、
外部に業務委託していくことが変革の入り口としては有効だ・・・

…そんなことを著者は述べています。


さらに、

「取引先を絞り込み、運命を共にする」

という考え方を企業が持つことを筆者は推奨しています。

このことを説明するために日産自動車の例があったのですが
これが、ボクには非常にわかりやすかったです。

あのカルロス・ゴーン氏のリバイバルプランというもののひとつです。

部品調達コストを20%下げることを目標にした。
でも、購買部の反応は「そんなことは絶対に無理」というものだった。

しかし、ゴーン氏は全く別次元の着眼点で捉えていた。
それは、つまりこういうこと…

まず、プラットフォームの種類を24種類から15種類に減らすことで、共通化できる部品が増えたり、同じサプライヤーに作らせることができる部品が増える。

その上で、それまで1145社あった部品メーカーの数を半減させ600社に絞り込む。

これにより、取引先として残ることができたサプライヤーにとっての日産の取引量は大幅に増え、
取引量が増えれば結果的にコスト削減を行なうことができる・・・
半分のサプライヤーを失うことで、残り全体を生き残らせることを選択した。

…なるほど〜! 非常に合理的です。


そのほかにもいくつもの改革をゴーン氏はやってのけて日産は見事に息を吹き返したのですね。

まさに、発想の転換ですね!


発想の転換といえば・・・
アップル社の発想の転換例を解説した部分なんかも、この本の中にあって興味深く読めました。

「ipodシャッフル」
曲名などを表示するためには、ついていたほうが便利なはずの液晶パネルがついていない。
でも、ランダムな音楽が演奏されるという「新しい体験」をファッションにして、
さらにコスト削減にもつながった。

「iMac」
フロッピーディスクドライブなど搭載されていないものがいろいろとあったが、
アップル社は、「そういったものが搭載されていないことこそがインターネットライフなのだ」
という発想の転換を打ち出すことで、大ヒット商品になった。

…う〜ん、アップル社の戦略がいかに優れているかがよくわかります!

「力点を置くべきなのはどこか?」って考えるときのヒントになります。



他にも具体例はたくさんあって、とても示唆に富んだ内容の本でした。

本当に時代は大きく変わりました。
と、いうより「変わりつつある」ですね。

会社も人も大きく変わらなければいけないんだなぁ・・・

この本は、いろいろと考えるきっかけをボクに与えてくれました。
posted by albert at 01:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

思索に明け暮れる週末

どうも体調が優れず、この土日は家の中で過ごしました。

2日間連続で外出をしないというのは自分にとって珍しいことです。

微熱と咳のせいで、まともに活字を読む気分にもなれず…
ひたすらいろいろなことを考えることだけしていました。

一日中、朦朧とした意識の中で考えをめぐらせていました。

「これからの人生について…」とか「自分の使命は何か?」とか「一番大切なものはなにか?」
な〜んてことについて自問自答を繰り返したりていました。

布団に入って、朦朧とした意識の中でです。
時間の感覚もまるでありません。

「その答えは、適切なのか?」
「そもそも、それって大切な問いだったのか?」
で、また問いの設定からやり直したりなんかして…

そういえば、時間が十分にあった学生時代にも、これと同じようなことを時々繰り返していたように思います。
「哲学」というものに興味を持ったのもちょうどこの頃ですね。

社会人になると、とにかく忙しいのですね。
ゆっくりと思索に暮れる時間もなかなか無い!

「明確な目標設定を行ない、そこに向けた軌道上に具体的な小ゴールを設定して、即実行に移していく!」
という風に考えていくのが、できるビジネスマンです。

これは、日常業務を進めていく上では非常に有効であります。

期限の無い仕事はないし、具体性の無い目標設定ではうまくいくはずもないのです。


でも、一方でゆったりとした哲学的思索の旅も必要だと思います。

あまり偉そうなことは言えませんが…
深みのある仕事を成し遂げるためにも確固たる「哲学」を自分の中に持つということは必要ですね。

そんなわけで、この2日間は有意義でした。
思索の旅は、まだまだ続きます。

たまには風邪をひくのも悪くないもんです…
posted by albert at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

「神田古本まつり」レポート

「神田古本まつり」に行ってきました!
予想通りのにぎわいでした。

kanda1.jpg

11月3日(祝)までやっているようです。

これから行く予定の方や行ったことのない方のために、本日のフォトレポートをどうぞ。
なんとなく様子が伝わるでしょうか…


とにかく、本だらけなんです!!
本の屋台がず〜っと続いている感じ。

kanada2.jpg

kanada3.jpg


本、本、本の山!

kanada4.jpg

kanada5.jpg

kanada6.jpg


なぜか野菜も売っていたりします。

kanada7.jpg


出店も色々とありました。

kanda8.jpg

だいたい、17時30分くらいからビックリするほど安い価格の店もでてきます!
(ハードカバーの本を5冊まとめて100円なんて店もあったり!)

そして、閉店(18時)間際はこんな感じです!

kanda9.jpg


今回、ボクはそんなにたくさんは買い込みませんでしたが、
それなりに、いい買い物ができたと思います。
読んでみてオススメ!と思った本は、またココで紹介しますネ!

いつもボクは、このあと喫茶店で読書タイムとなるのですが、
今回は少しだけ風邪気味なのでまっすぐ家に帰りました。

くたびれたけど、とっても楽しかったですよ!

機会があれば、みなさんもぜひ足を運んでみてください!


posted by albert at 22:16| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

「学園祭」の季節

気がつけば10月も終わりに近づき、これからは学園祭の季節ですね。

ボクは、母校以外にもいろいろな学校の「学園祭」に行くのを毎年楽しみにしています。
(「古本まつり」と同時期です!)

以前、進学情報誌の発行に携わっていたので、学校との接点が多くありました。
いい歳をして、今だに学校(大学、専門学校など)の雰囲気を味わってみたくなるのは、その影響でしょうか…

今まで行った中でも「一橋大学」の学園祭は特に気に入りました。
なんとかジャズ研究会(…すいません、名前を忘れてしまいました…)の演奏が良かった〜!

街全体がお祭りムードに包まれているのもなかなかいい感じです。

今年も時間さえとれれば、ぜひ行ってみたいと思います!
一橋祭 2005年11月4日(金)〜2005年11月6日(日)


そういえば、学園祭では「講演会」も楽しいですよ。
話のテーマが学生向けだったりもしますが、著名人の講演をじっくり聞けるというのは貴重です。
(⇒講演会の情報



<参考>学園祭情報サイト

学園祭に行こう!2005

学園祭ウォッチャー

秋の学園祭特集(Yahoo!JAPAN)

学園祭特集2005/レッツエンジョイ東京 (東京のみ)

posted by albert at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

神田の古本まつり

またまた、神田の古本まつりの時期が近づいてきました!

今年は、10月28日(金)〜11月3日(祝)だそうです!

去年、ココに書きましたけど…今年もやっぱり楽しみです!
街中が本に埋もれているって感じで、歩いているだけでもなんだか気分爽快です!!

そういえば、神田神保町の古書ネット検索サービスJIMBOU
今月の21日からスタートだそうです。(手始めに10万冊からのデータベース!)

まだオープン前なのでよくわかりませんが、コミュニティなどのサービスも加わったらいいなぁ〜なんて思っています。

将来的にはオンラインでの注文もできるようになるのかもしれませんね。

でも、ボクはやっぱり神保町に足を運んで直に本を買うことになると思います。
本も好きですが…本屋も好きなんです!
posted by albert at 01:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

とある退職の風景

昨日、会社のT君が退職しました。

トップとの言い争いが激化し、勢いで辞めることになりました。
「勢い」とは言っても、かなり前からイメージしていたことだとは思います。

T君はとてもおとなしく、羊のような性格です。
そんな彼が言い争いをするなんて、信じがたいことですが、
溜まってた思いを一気に吐き出したのだそうです。

ボクはその場に居合わせませんでしたが、
後からそのことを聞いて、「彼が会社を辞めるという事実」と「彼の大胆な行動」に2度ビックリしたのでした。

直接彼に聞いたとき、決意は固め、気持ちの整理もついているようでした。

しかし、最後まで彼に容赦ない罵声を浴びせてるトップの姿を見ては、少し悲しい気持ちになりました。

トップからすると、いつも従順でおとなしかった彼の反抗は許せなかったようです。



そんなわけで、送別会も昨日ひっそりと行ないました。

送別会とは言っても、最初は退職するT君と2人だけの予定でしたが、
これではさすがにさびしそうなので、仕事上でつきあいのあった業者の方を数人だけ誘いました。

穏やかな送別会になりました。

辞めることになったT君に今後のことを尋ねると…
「まだ何も考えていない!」とのことでした。

「何も…」ということにビックリしましたが、とにかく考える時間が欲しかったようです。

羊のようにおとなしかった彼が昨日はとても元気でした。
無口だった彼が、たくさんたくさん話をしてくれました。

とにかく、これからじっくりと将来のことを考えて、良い方向に向かって欲しいと思います。
影ながら応援しています。



ボクのいるような小さな会社では、一人がいなくなるということは、とても大きな出来事です。

当然、仕事量も来週から一気に増えると予想されます。

自分の時間もなくなるので、色々と考えていた計画をもう一度立て直さなければいけないなぁ…
なんて一夜明けてからボク自身のコトも考えました。

今日のようなウィークエンドで時間があるうちに、いっぱい勉強したり色々な準備をしなければ…

それにしても、 あ〜 二日酔いです!
posted by albert at 20:51| Comment(2) | TrackBack(3) | ビジネス全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

「トム・ピーターズ」…過去の著書から

ひさしぶりに、トム・ピーターズ(有名な経営コンサルタント)の新しいシリーズ本が刊行されたようです。(シリーズ名は、「トム・ピーターズのマニフェスト」)

でも、そのシリーズ本を読む前に、ちょっともったいぶって昔読んだトムピーターズ本をもう一度読んでみました。

4484003074トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!
トム ピーターズ Tom Peters 仁平 和夫

ティビーエスブリタニカ 2000-03
売り上げランキング : 1,058
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4484003120トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈2〉セクシープロジェクトで差をつけろ!
トム ピーターズ Tom Peters 仁平 和夫

ティビーエスブリタニカ 2000-05
売り上げランキング : 7,559
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4484003139トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈3〉知能販のプロになれ!
トム ピーターズ Tom Peters 仁平 和夫

ティビーエスブリタニカ 2000-06
売り上げランキング : 26,307
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この3部作は名作だと思います!

すごく読みやすいだけでなく、中身も非常に濃いです!

勇気もわいてくるし、本気で「いい仕事をしたい!」って気にさせられます。


特に、「ブランド人になれ!」「セクシープロジェクトで差をつけろ!」は“買い”だと思います。

内容の一部を抜粋してみます。


■毎日必ずすごいことをやれ!それが出来ない日は、すごいことが出来るように死力を尽くせ!

■名刺の肩書きを工夫しよう!
たとえば、「隠れ革命児」、「世直し奉行」、「情熱ガイド」、「顧客サービス・コダワリスト」、「見果てぬ夢製造業」、「やすらぎ配達人」…

■どんなつまらない仕事も黄金に変えられる。イマジネーションさえあれば。
つまらない仕事、誰にも頼まれない仕事がくすぶっている隠れた才能との出会いを生み−パンドラの箱、目もくらむようなドル箱を開けてしまうことがよくある。

■本日の予定表をじっくりながめてみよう。
その中に「すごくないもの」があれば、選択肢は次の2つしかない!
@それをすごいものに変える
A予定を白紙に戻す

■あれもこれもと欲張ってはいけない。「これなら自分にもなんとかやれそうだ。」あるいは「自分にはこれしかない。」と思えるものをひとつ選ぼう。選んだらさっそくエンジンをかけよう。

■ビックプロジェクトだろうが雑用だろうが、自分を大きくしてくれるものが仕事である。
そうでないものは蹴っ飛ばせ!仕事だけでなく私生活も同じだ。成長の無い人生など生きるに値しない。

■何をやるときも「すごいか。すごくないか。」を判断基準にして、ものごとのやり方を決めよう!

■プロジェクトに大事なもの、それは情熱だ! 愛だ! 美しさだ!
美しくないものはなにかが間違っている。

■「すごい! きれい! 革命的! インパクト! 熱狂的ファン!」
この5つを尺度にしてプロジェクトを測定してみよう!

■飢えていると、想像力が研ぎ澄まされる。
贅沢が許されないと、大事なことだけに力を集中できる。
低予算プロジェクトがホームランをいつもかっとばすとは限らないが、ホームランはほとん どすべて低予算プロジェクトから生まれている。

■プロジェクトを細切れにしよう。大きなものを細切れにすると、勢いがつき、達成感を味わえる。

■遊び心を大切にする文化が無ければ細切れ精神と試作精神は育たない。
遊びはいい加減にやるものではない。真剣にやるものだ。
ウソだと思うなら海辺で砂のお城を作っている子供を見てみるといい。
まさに、一心不乱、無我夢中…
失敗は気にしない。計画はいくら壊してもいい。
壊していけないのは夢だけだ。


とにかく豊富なヒント集のようなものです。日本語訳もとってもわかりやすい。

すぐ実行できる具体的行動のアイデアがたくさん書いてあり、実際にボクも生活にそのいくつかを取り入れていました。(この本の影響だったことは、すっかり忘れていましたが…)

頭をちょっと切り替えるだけで、仕事に対する考えも大きく変わってきます。
そんなことを教えてくれたのがこのシリーズでした。





posted by albert at 01:22| Comment(0) | TrackBack(4) | ビジネス全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

再開します!

ずいぶんと間を空けてしまいました!

実に3ヶ月ぶりの投稿です!

最近、忙しいからと自分に言い訳しつつ怠っていたわけですが、
また、少〜しづつ更新していきますのでよろしくお願いします!


「そろそろ再開しよう!」と、思ったのには理由があります。

先日、久しぶりにアルバートStyle(当サイト)のアクセス状況を見てみたのです。
これだけ更新を怠ってしまったので、さぞやヒドイ結果かと思いきや…

意外や意外!  …アクセス数が微増しているではないですか!!

平日は、一日平均で400強のアクセス数です。

この数字はどんなもんなんでしょうね?

有名ブログから比べると、低い数字なのでしょうが…
3ヶ月もほったらかしにしていたサイトにはもったいないほどのアクセス数です。
(その昔、小さな掲示板サイトを運営したことがありましたが、この10分の1程度でした。やっぱりブログは違うんですね。)

アルバートStyleを「RSSリーダー」や「お気に入り」などに加えてくれている人がいるかもしれない…
そう考えると、更新しなければ申し訳ないような気がしてきました。

と言うより、更新するのを待っている人がいたらいいな〜 なんて思いました。


そんなこんなで、ぼちぼち再開しようかと思います。


posted by albert at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

有意義な会議にするために…

今まで「会議」をテーマにした本をよく立ち読みしていましたが、買って読む気にはなれませんでした。
というのも、内容がほとんど同じような気がしていたからです。

「ブレーンストーミングの方法」とか「司会進行の作法」とか…
なんだかと〜っても退屈な内容です。


でも、この本は違いましたよ!

4479791183すごい会議−短期間で会社が劇的に変わる!
大橋 禅太郎

大和書房 2005-05-18
売り上げランキング : 8
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


非常に楽しく読めるので、あっという間に読み終わってしまいました!
読後感も爽快です!


軽快な音楽みたいな文章に乗って、
著者が実際にコーチを受けた会議の具体的な手法が提示されています。

・書いてから発表する!
(理由:人の意見に左右されないから)

・今までに何が達成されたかを考える!
(理由:前向きな雰囲気になるから)

・障害となっている問題を「どのようにすれば〜〜できるか?」に置き換える!
(理由:新たな視点ができるから)


・・・・という感じで、それぞれの理由がとっても明確でした。


他にも、
・半年で何が主な成果として創り出せるか考えよう!
・くだらないアイデアを言ってみよう!


…など、すぐに実践できる内容ばかりです。
次の会議でぜひ試してみたいと思います!



さらに、この本の内容は会議だけではなく、自分個人の目標設定や計画を立てるときに十分応用できることに気がつきました。

人生は意思決定の連続ですから、心の中のミニ会議も常に効率的に進めたいですよね!


posted by albert at 22:56| Comment(0) | TrackBack(5) | ビジネス全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

ソーシャル・ネットワーキングのサイトを自社で構築しよう!

以前、ソーシャルネットワーキングって何?で紹介した本の著者が、また関連の本を出版されました。

4797331054ソーシャル・ネットワーク・マーケティング 21世紀型―『コミュニティ・マーケティング』と『顧客クラブ』
山崎 秀夫

ソフトバンクパブリッシング 2005-06-01
売り上げランキング : 1,967

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回は、自社で「ソーシャル・ネットワーキング」を利用して顧客クラブをつくり、マーケティングに活かしましょう!といった内容です。


どうやら、いよいよ本格的に脱マスマーケティングの時代が始まりそうです。

生活者が多様なメディアを選択し、情報発信の主体が企業から生活者(消費者)に移る時代に入り、これからは企業はブランド・コミュニティを形成してここでの経験をマーケティングに活用することが重要になってくる
…と著者は語っています。

「コミュニティ」と一口に言っても様々なスタイルがありますが、なかでもソーシャル・ネットワーキングは「紹介制」という特徴から非常に健全なコミュニティ形成がなされています。

ですから企業がこれからソーシャル・ネットワーキングを利用するケースもどんどん増えると思います。

本書で気になったのは、BizPalECMiXなどのようなソーシャル・ネットワーキングのASPサービスです。
これを利用することで比較的手軽にサイト運営をスタートすることができそうです。

さらに、日米の事例を多く紹介してありました。
実に、色々なタイプがあるのですね〜! とっても勉強になります!

ほんのちょっとした機能の違いでも、ユーザーの立場からすると大きな違いを感じることが良くありますよね。
こういった感覚的なコトは、本を読んだだけで理解するのはなかなか難しいです。
これはもう実際に体験してみるしかないのでしょうね!



実は先日、たまたま某有名ソーシャル・ネットワーキングのサイトを運営されている方々とも、お話する機会に恵まれました。

長時間にわたって運営上のコツなどを伝授していただき、非常に有益でした!!

一番大切なのは初期段階でコミュニティを活性化させることに集中することなんだそうです!

実に当たり前のことのようですが、活性化する前に宣伝くさいアクションをおこしたりしてしまって失敗することって良くあるみたいです。

だから、そこはじ〜っと我慢して、ユーザーのやりとりを静観しているのがコツなんだそうです。
(会話の流れによって「ビジネスチャ〜ンス!」などと思わない!)

そして時々、一方通行になってしまっている投稿に答えてみたり、ちょっとしたフォローを定期的に加えることが初期段階では大切なようです。

その後、軌道に乗ってくれば、管理もずいぶんと楽になるのだそうです。

放っておいても、ユーザー同士で勝手に盛り上がってくれるようになる!
あちらこちらでオフ会を始め出したり… リーダー的存在ができたり…

経験豊富な方々のアドバイスです。ぜひぜひ、参考にしてみてください!






posted by albert at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。